田舎暮らしの先輩:村で生きていく決意をした阿久津宗徳さんを紹介しています

地域おこし協力隊として、阿久津宗徳は3年間の任務を終えて4回目の冬を迎える。それは村に住み続け、生きていくことの決意。農業を生業とし、狩猟をし、林業を学ぶ、やれることは何でもやらないと暮らしていけないのが現実。村の人すべてが先生として村の先輩たちから学び吸収していく。